論理快楽に嵌まった人

▼▼論理という「型」に沿って物事を整理した時、できた時に──論理性を押しつけることができた時に、強い快楽を覚えることができるかどうか、っていうことと、ここから得られたことのある快楽に夢中になってしまい普段から「論理性による快楽」を得ようとむさぼってしまうかどうか、っていうところのことを、論理的(な人)、って言うのかな、と思った。