理を憶えたがる12月2日金曜日

言葉を身近にする習慣

日記を再開するときに思っていたことの一つに、以前の文章を書く習慣があったときのほうがもうちょっと楽しかったんではないか、というものがあった。確信できるほどのはっきりした実感でもなく、紐付けられる現象や根拠もなく、しかも、こういうふうに思いたい(こういったことを思う人間でありたい)という欲求もかなりありそうだったので、はなはだあやしい着想ではあったのだけど、いやでもここまで何度も思ってるならほんとうにそうなんじゃないか?と思わされるくらいには、そう感じる場面が多かった。そして、実際に最近また日記を書き始めてみて、やはり言語化・文章化する習慣があると、より楽しい感じかもね、とは思った。ちょっと日常に対する気分が変わった感覚はあるのだった。やっぱり変わったじゃん、ということを根拠に、遡及する形で、だからつまり書かなくなっていたあいだは少し楽しくなかったんだろう、と結論することも、まあできる(まあできる程度ですけど、でも、楽しくなったんだから別によい)。

Audibleを試しつつ

Audibleでの読書を試す前、不安要素はふたつあった。つまり、読書を音や声で行なったときに起きそうな問題をふたつほど想像していた。ひとつは「小説の人物などの”名前”(固有名詞)を憶えられるのだろうか」で、もうひとつは「学術書や実用書で語られる”論理”を想像しながら読めるんだろうか」であった。名前を憶える問題のほうは、名前を記憶するときに「字面」で認識しているんじゃないか、という想定があり、それが働かなくなると、つまり「字面」じゃなくて「音」で記憶する事態になると、記憶しづらくなったりするんじゃないの、という疑問だった。ふだん接する名前に対しては「文字の印象」を援用させることで「その名前のイメージ」を固着させているところがある。だから電話などで名前の音だけを聞かされても憶えられなかったりする。そのあたりの経験から、音だけだと危うそうだ、と想像していたのだった。でも今回、Audibleで『三体』を読んでみて(聴いてみて)、そうでもなさそうな事例に遭遇できた。中国語の名前(の音)がなんとなく憶えやすかったのだ。文字列をただ見るよりは認識しやすくなっていた。ただ、この本、過去に少しだけ読んでいて、そのときに一度、目で認識もしてはいたはずなので、その記憶が残っていて影響した、という可能性はある。まあでも、思ったより音で認識する名前もアリだな、とは思えた。

論理をつみあげる読書

哲学書なんかでは理屈をひとつずつ丁寧に積み上げていく読みかたをすることがある。根拠と理解と納得を順番に見せながら構造の図面を引いていく。この読みかたがAudible(耳での読書)で可能かどうかは、まだ不安だ。これは「記憶できるか」や「想像できるか」といった能力の問題というよりは、頭の中で積み上げる前に次の文章が読み上げられてしまいそう(どんどん先に進んでしまって理解が追いつかなそう)という想像による怖れだ。シンプルに考えて、難解な哲学書の文章を次々に読み上げられていったら、理解が追いつかなくなるのは、当然だろう。いやいや次の文章が来るのまだ早いよ、そことここのあいだの因果が埋められてないよ、論理飛躍にしか見えてないよ、ってなるのはあっさり想像できる。簡単にシミュレートできる光景だった。理解速度を超えてくる言葉の奔流なんていくらでも想定可能である。止まらないならなおさらだ。速度を調整したり適宜止めたり少し巻き戻したりをちゃんと使えばよいというだけの話かもである。

本を読みたがる12月1日木曜日

哲学もりあがってない?

面白そうな本を妙にたくさん見かけている。流石に記憶しきれなくなってきたのでピックアップしていた。特に哲学関連の上質な読み物がかなりの盛り上がりを見せているように感じられている。ぼくの観測範囲の問題なんだろうかとはむろん思う。ぼくの興味が見せている狭い範囲の偏った判定なんだろうか。実はそうではなくて、ほんとうに「哲学を踏まえることが楽しくなる世界観」が目立ってきているのであれば、嬉しくはある。哲学が世や人を幸せにする一助になってくれる(こともあるだろう)とはいくらか信じているからだ。一言で哲学といってもいろいろで、これはこうと言えるようなものでもないのだけれど、「問い」というものが哲学概念の軸の一つにはなっていると(やや浅はかながら)思っていて、そこで示される「問い」が、世界や人を救うんじゃないかとも思っている。そういうこともあるに違いないという経験則がある。

問うのってよい

「問う」のってかなりよい。習慣づいているとなおよい。いろいろなところに利いてくる印象だ。けど、向き不向きもあって、時には毒になったりもする。誰にでも利く特効薬ではない。が、誰にでも利く特効薬なんてどこにもないか……。なのでまあ、ぼくの目線ではわりと頻繁に「問う」ことを薦めてしまうし、あと、ぼくの好きなひとたちもかなりの割合で「問いはよいよ」って言っておられた(なんだその薦めかた)(いやでも、尊敬している人がこの世に複数いて、それらの何人かが「これっていいよね-」と言っていて、自分もまた同じように「これはよいものだな」って思ってたら、それを人に言う場面において、尊敬している人もよいって言ってたし、っていう判断、影響せざるを得なくない?)。

欲しい本ピックアップ

哲学に関連する書籍で、やけに面白そうで、最近刊行されたものたち(そして、読み物や入門書、比較的読みやすそうな本たち)。あらためて記憶を探っていったらほんとうに多かった。まじで豊作の流れが来てません?と思った。

千葉雅也『現代思想入門』、吉川浩満『哲学の門前』、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』、永井玲奈『水中の哲学者たち』、平尾昌宏『日本語からの哲学』、古田徹也『このゲームにはゴールがない』、平井靖史『世界は時間でできている』、谷川嘉浩『スマホ時代の哲学』、高崎将平『そうしないことはありえたか?』、國分功一郎『スピノザ』、三木那由他『会話を哲学する』、鳥羽和久『君は君の人生の主役になれ』、ドミニク・チェン『未来をつくる言葉』。 ぜんぶ読みたいくらいだ。備忘しておく。

哲学の門前

哲学の門前

Amazon

スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険

スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険

  • 作者:谷川嘉浩
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon