世界は称賛に値する

日記を書きます

2024年04月10日(水)必要なときだけ形容詞を置く

雨も良い日

ここ何日か雨のぱらつく日が続いた。天候が崩れている、と当初は書こうとしたのだけど、やめた。天気が悪いという言い回しなんかもそうだが、「雨」を不備・欠点エリアに配置することが当然視されすぎなのではとは考える。ダメなものあつかいされすぎじゃんと思う。人類史的にそうだったんだからしょうがないのでは、という判定基準はあってもよい。が、どこかでそれが逆転させられるくらいの見直しが図られたってよいのにな〜とは思ってしまう。雨は恵み、雨はキレイ、雨の日はわくわくする、といった新たな理解が積み重なっていって、いつしか、人類史規模の認識が覆ってくれたらおもしろいのに、とか考える。生活習慣や生活レベルの大きな変節にともなって、生活領域でのパラダイムシフトが起こる事態には、ちょっとあこがれている。

細かい形容が要るか要らないか

たくさん、ちょっと、ときどき、なんだかんだ、妙に、不意に、むしろ、といった小さい言い回しを継ぎ足したくなる癖はある。ことばを重ねられるだけ重ねたほうが正確な情報伝達が可能だとか信じているところがあるんだろう。だが、すべての情報を組み入れて伝えようとすることが、かならずしも妥当なわけじゃないんだぞ、とも思う。冷蔵庫にある食材とにかく入れまくれば最高の料理ができるわけじゃないんだぞ、とも言える。

いちいち「すごく」とか「やや」とか「わずかに」とか「ふと」とか言わなくてもよい。割合や分量、多寡が問われる場面と問われない場面があって、特に求められていないときにそれを組み入れるなら、それは余計だ。削ってよい。あとたとえば、指示代名詞を排除して、すべて、正しい名詞を使って書けば、正しい言葉が書けるということでもない。それも余計なお世話だろう。

なんとなく思ったのか、だいぶ思ったのか、そしてそれを、わざわざ説明すべき場面なのかどうか、ケースバイケースとして、都度都度、ちゃんと判断すべきなんだろう。じゃないと、情報量が増えすぎて、咀嚼不可能なレベルにさえなってしまい、読んでもらえなくなってしまう。求められていない場面で求められていないものを削る、という手際も重要なんだと思う。正確さを目指していった結果が「読んでもらえない」なら意味なしだ。

2024年04月09日(火)要約したが敬して遠ざけたい

翌日は要約日和

事態の流れと、感じたことと、分析的な考えを、ひとつひとつ追いかけながら書いていったため、昨日の日記は長くなった。まとめるなら以下のようなところなのかな、と、翌日に思いつくことができた。こういう、取りまとめを可能としてくれる脳内の"落ち着き"が、あとあとになって訪れてくれたりする。それも気持ちよい。鋭く短くしゅっとまとめてくれる小気味のよい(自分なりの)要約文も好きである。結局同じ話だから、と遠慮してしまうこともなくはないが、素敵な頭の動きの記録として、書き残しておきたい。

昨日の日記の要約

誤った手順で進められた業務があって、なぜそうなったのか、という糾弾が始まるようなシーンがあった。「なんとなくこうだろうと思ってやりました」が答えだった(ぼくの見立てだと、類似の事例が直近にあったため、ただそれに倣ったのだと思ったが、わざわざそう説明するのもめんどうだったんじゃなかろうか)。ともかく、「なんとなく」ということの"確認の甘さ"がそこでは問題視され、なんでこういうことが起きてしまうのか、という(愚痴めいた)話し合いが始まった。

ほとんど雑談だったが、なんにせよ、初手で出された案というか指針が、「怖い人がいないからだ」だった。正直、衝撃的な話のスタートラインだった。制圧的なコントロール、支配と服従、取り締まり、といったものを、素朴に推し進めるようなことばが第一声として出てくる状態に、ちょっと絶望した。好きな思想ではないし、まったく妥当な判断でないとも思う。せめて初手は、仕組みやシステム面での工夫、あるいは「双方の」コミュニケーションの問題として見つめてほしい。敬して遠ざけたいと願うような文化圏だなと遠巻きに考えていた。

2024年04月08日(月)怖ろしいなら解決するのか

恐怖政治

具体的な日常の光景も書きやすいものと書きにくいものがあるな。と、ぜんぜん筆が進まないので「書きづらいよ~」という話から始めてみた形だ。ゆっくり進めていくしかないのかな。うーん、そう、そうだ。今日の業務のさなか、雑談的におこなわれている会話を眺めていて、流石に、いまのぼくの価値観や世界観、ビジネス観にまったく適合しないのではないか、と感じられる話題があった。違和・抵抗・反発・軋轢といったものが生じてくる話を耳にした。ミスや確認不足といったヒューマンエラーに相対するときのスタンスの話だった。

前時代的だろうと古典的だろうと、つまり、時代の趨勢や機微にそぐわなそうであっても、なんだかんだ、荒削りだからこそ堅実で有効な打ち手、というものがあるんだとは、まあ思っている。最新鋭の、現代的な、洗練された学術理論ばかりもてはやしていればよいというものでもなく、人類史上のさまざまな実験結果でわかってきた人間の生理や心理を踏まえた最新理論が、決して妥当なものばかりでないことも、むろんある、とは考えている。

という前提を持っておきたい派ではあって、泥臭くて古くさい打ち手なんかも決して軽んじないようにしているつもりではあるのだけど、しかしそれでも、起きたミスや確認不足に対して(そしてその背景にあった「よくわかってなかったのでテキトーにやりました」という回答に対して)、「怖いと感じさせられていないから、こういうことが起こるんだ」「舐められているからダメなんだ」⇒「恐怖をあたえ舐められないようにすれば解決するのに」、という判断・指針を(さも当然であるかのような顔で)持ち出されると、うええええ、と思うところはあるのであった。そんな話題が出た。胸中でうなった。

スパルタ式にしごけば解決する、恐怖で支配し服従させればよいのだ、そうすれば従順になり物事が円滑に進むようになる、それができていないから現状はダメなんである、もっと怒るひとがいたらよいのに、といった「よさ」が、組織運営に対して推奨される姿に、違和・抵抗・反発といったものを覚えた次第だ。(勉強不足や知識不足かもしれないが)これまでのぼくの人生経験と学んだ理屈を踏まえれば、「妥当でない」とは感じられた。シンプルにいえば、単なる説明不足でちゃんと説明すればよい話なんじゃないの?あるいは、仕組みやシステムで解決する手だってあるんじゃないの?と思ったのだった。少なくとも、こういう工夫のあとに、精神論を持ってくるのが、よい手際・手順なんじゃないかと思う。

まあでも今日の風土や体質が合わないと言っていてもしょうがない。そして、今後ぼくがどういった選択肢を選んでいけるかもわからないのだが、しかし、従業員の理解がおよんでいないという事象に対して、「舐めてるから・甘えてるから、尋ねてこないんだ」「こっちからわざわざ説明する必要なんてない」「システムや仕組みでそもそも誤りがおこらないようにする、なんてわざわざしなくていい」といった空気しか流れないのなら、限界、くらいのことも思わなくはない。見限ってもよい範囲だとも思う。むろん、手出しできるならしたほうがよいのだろう。難しいが。とはいえ諦めればよいものでもないが。

2024年04月07日(日)どこも軽んじられない

なんだかんだしっかり考える人がどこにでもいる

丁寧さ、誠実さ、賢明さ、といったものを持つひとが、どこにあらわれるかなんて決まっていない。確定的な予測はできない。極めて薄っぺらくて軽率な話題・論点のまわりにも、そういったひとたちはいるはずだろう。学ぶに値する知見はどこにでもありうる。安直に舐めてよいエリアなんてきっとないんだろうと考えていた。薄めに薄めた実証性のあやしい雑学的な解説書、表面的なところでとどまったビジネス書や自己啓発書、定型パターンばっかり使っているタイプのライトノベル、といった軽薄な作品とか、あとはまあ、流行りに便乗しただけの誰でも手を出せるような深みのない模造品やモノマネ、みたいなものも多数見られる世の中なわけだけど、とはいえそんな中にも、輝かしいものががっつりひそんでいたりはする。アンダーグラウンドにもヒーローはいるし、ミーハー空間にもヒーローはいる。

2024年04月06日(土)歯医者の方針はわからない

歯医者と自転車

歯医者の通院日だった。はずれた詰め物を治していただいている。引っ越しにともない通院先を変えた。あえて比べるなら、通い始めたばかりのいまの歯医者のほうが、なんとなく腕利きっぽいフシはある。些細な手順についても触れてくれる、施術の手つきが端的に優しくて痛くない、というふたつの手際に魅せられているんだとは思う。あと、現行の医師が以前の治療跡を見て、「ここはこうしたほうがいいんだけどな~」と言っていたことも、まあ影響している。とはいえ、ほんとうに現行の歯医者のほうが適切なのかは不明だ。趣味の違い、方針の違い、といったところが違うだけ(優劣ではない)という気もしなくはない。削る削らないも思想の違いはありそうだし。適正さはわからない。医療関係は特にこのあたりが困るな。選びにくい。まあ、完璧を目指さなくてよくはあるんだろう。比べなくたってよい。望んでいる施術が受けられるならそれでよいはずだ。

歯医者の行き帰りを自転車で往復した。移動手段に自転車が加わった。活用できている。正直、便利だ。「いらないかな」「なくても特に問題なし」「徒歩でじゅうぶん」「むしろ徒歩の運動量が身体によい」といった判断もあって、自転車を欲する場面はあんまりなかったのだけど、実際に素早く移動できると、やっぱり有益だった。ありがたい。助かることも多い。帰り際にクリーニング屋にも立ち寄った。この軽快な経路選びも以前はできなかった。

2024年04月05日(金)不完全さをずらしたが不完全

不完全のロスタイム

もろもろの締め切りが詰まりに詰まった一週間だった。というのと同じ話を数日前にも書いたが、さすがに金曜日にもなると、その空気がさらに濃くなってきている。緊張と集中の一週間だったし、それでも、なんだかんだと理由をつけて、堅苦しさから逃れようと、手抜きやサボりを始めてしまうような一週間でもあった。真面目に向き合おうとする・真面目に向き合おうとしない、を両極にしたときの自分の特性がひさしぶりに顕わにはなった。とにかく今日中に終わらせなければならないものがある、と思いながら動いていた平日最終日でもあったのだけど、ロスタイムのような空気がただよったため、これはチャンス、と、軽々しくそれに乗っかった。乗ってよかったのは不明だ。どう見ても軽率な振る舞いで、粗雑さや無責任さが目立つ結果になっただけかもしれない。成果物の完成度を高めて振る舞いの完成度を下げた。重心をどこに置くかは難しい。なんで「不完全」前提なんだよとは言いたくもなるけれど。ともあれ、帰宅後にも仕事をして最期の仕上げをおこなった。時間はだいぶなくなったので今日の日記はこれで終わりとしたい。