ペンギンパーティ、ロストシティボードゲーム、デモンワーカー、はんか通骨董市、で遊んだ(銀朱色ボードゲーム会)

銀朱色ボードゲーム会

▼▼誰かとボードゲームで遊んだ時に連鎖することがあったりもするけれど、今回は特に連鎖という雰囲気でもなく、単に、機会が重なった。数日続けて遊ぶ機会が立った。同時に起きたことに対して因果を錯覚してしまう、といった人間の認知機能のことも思ったりした。地区ごとに呼び名を変形させていて、今回の集まりは、呼ぶならば「銀朱色ボードゲーム会」といった雰囲気になる、かと思う。ぼんやりした懐かしさを含みつつの新鮮味がある場所での集まりだった。三人(じぶん含む)が集まった。でもって、ボードゲームの紹介がてらの遊びでもあって、今回の「銀朱会」が、いつかまた、開催されるのであれば、つまり、非常に楽しんでもらえた、意外と嵌まってもらえた、という証拠であり、幸せな話でもあるので、第二回があればよいな、とは思っている。期待している。
▼▼『ペンギンパーティ』→『ロストシティ ボードゲーム』→『デモンワーカー』→『はんか通骨董市』という順番で遊んだ。『ロストシティ ボードゲーム』と『デモンワーカー』が初プレイ。▼▼好評だった順を挙げるなら、『はんか通骨董市』と『デモンワーカー』が抜群の匂いだったかなあ。見慣れた雰囲気の中『ペンギンパーティ』も感心を獲得していた。『ロストシティ ボードゲーム』はプレイヤーごとに評価が分かれた。悩み迷いが多すぎて困惑、という風情があった。






ペンギンパーティ

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム

▼▼初プレイの人に紹介するならコレだろう、と思える使いやすいゲームにも、時々の移り変わりがあって、新たな出会いがあったりもするし、飽きてきたりもする。というような中、比較的ずっと「どこから始めるとよいだろう」と考えた時の選択肢の中に君臨しているカードゲームである。説明は簡単ですぐさま始められる。けど、悩む。次はこうしてみよう、とも思いやすい。手番アクションとしてはカードを一枚置くだけであり、最終目的も五色のカードをピラミッド型に並べてゆくだけで、おすすめです、って毎回言いたくなる。ペンギンの絵柄も可愛くてよい。
──最大得点10点中、幅としては6~8の雰囲気。現状の重心は7あたり。






ロストシティ ボードゲーム

ロストシティ (Lost Cities) ボードゲーム

ロストシティ (Lost Cities) ボードゲーム

▼▼『ロストシティ』というボードゲームがある。二人対戦型の非常によいゲームだ。以前に一回遊んだことがある。勝てたのもあって好きなゲームでもある。という『ロストシティ』を、四人まで遊べるよう、再調整し、組み替えたゲーム、だ。改変の途中で『ケルト』というゲームも経由しているようである。『ロストシティ』も『ケルト』も『ロストシティ ボードゲーム』も、程よく異なった面白さを持っているようで、たいていは「別物」として、非常に高く評価されている。実際、『ロストシティ』とは少し異なる面白さがあったかと思えている。けど、少し、でもあったかな。軸となる面白さ、ジレンマの形状、混迷と決意の気持ちよさ、は、似通っていつつ、うまいこと変形させられている雰囲気もあった。改変がうまいな、と思わされた。美味しさ自体は維持されていて、でも、異なる味わいがうまく混ぜこまれている。『ケルト』も遊んでみたいなあ。
──最大得点10点中、幅としては5~9の雰囲気。現状の重心は7あたり。






デモンワーカー

デモンワーカー

デモンワーカー

▼▼実行されるアクションが設定されている「場所」に、じぶんのコマを置くことで、場所ごとの「アクション」が実行される、という機構を基準にして、ワーカープレイスメント、と言われるジャンルが制定されている。狙いは「同じ場所に置きにくくすることができる」「直接攻撃ではない間接的な攻撃、邪魔、が可能になる」「行えるアクションや行なったアクションが判りやすい」等にあると言われるようだ。なんとなくゲーマー向きになるところもあり、いきなりぶつけるのも微妙なので、ワーカープレイスメントの初手にはこれがよいよ、とか言われるゲームが時々あったりもする(初心者向けを求める空気が出やすいのだ)。『デモンワーカー』もその一つである。おのおのが魔王になり、配下を派遣して、生贄や武具や宝石を獲得し、勝利点であるEPを獲得していく。確かに判りやすいワーカープレイスメントだった。ワーカープレイスメントの基本的な機構を使って、判りやすく、素材のやりくりをする、という切り口に、モンスターごとのちょっとした特殊効果による躍動感を加えて、非常に美味しく調理されていた。好きなゲーム。
──最大得点10点中、幅としては5~9の雰囲気。現状の重心は8あたり。






はんか通骨董市

はんか通骨董市

はんか通骨董市

▼▼骨董品商人になって品々を買い集める。集めすぎると暴落して価値が下がるので、収集しすぎてもよくない。横並びに骨董品カードが沢山並んで、半分ずつ切り分けられ、欲しいほうを(左側と右側。甲と乙で示される)決断する。欲しがったのが自分だけなら半分を総取りできる。複数人でかぶってしまったら、また切り分けが始まる。人と欲しいものをが重ならないよう、あるいは、集めすぎないよう、うまく切り分けし、うまく判断しながら、収集を続けてゆくのだ。暴落確定のカードと、高得点カード、が、同じ側にある時に、どちらを獲ろうとするか。相手にあれを渡すには、相手にあれを渡さないには、どう切り分けるか。というところで悩みつつ、やることは単純で、非常に気軽に遊ぶことができる。滅茶苦茶よいゲームだな、という認識を新たにした。評判もよかった。
──最大得点10点中、幅としては5~9の雰囲気。現状の重心は8あたり。