北越谷のブックオフ

美濃牛 (講談社文庫)

美濃牛 (講談社文庫)

▼これで殊能将之氏の現状における文庫作品はすべて買い揃えたことになる。ようやく先を読むことができるな、と思った。一作目である『ハサミ男』だけは読んだことがあるからだ。ミステリ。殊能氏の作品はかなり評判が良いようだ。ゆえに期待している。が、期待しすぎかもしれない。歓迎できる傾向ではないな、と考える。気をつけよう。