話題選びでつまらなくなってるはずだったのに書き換えたら話題そのままおもしろくなるパターン

▼▼日記を読み直して、頭から流れを精査し直して、言葉を選び直して、結果、ぜんぜん違う日記に改築できちゃうことが時折あるのだけど、この行動のたびに、平凡な話題を採り上げてしまって、結果、この文章つまらないねえ、なんて思っていたものが、思いのほか──思った以上に、好きな文章、に化けてくれる経験を積めちゃっていて、話題選びだけでは文章のよしあし決まらないなー、と思えるようになったというか、話題選びのようなものとは違う気持ちよさもじぶんは重視しているようだ──説明の細やかさや言葉の選びかた、論理の流しかた等々、だけで明らかに文章を楽しめるようだ、なんてあたりの認識機構が実感できて、なんかまあ、楽しいな、って思えていたりする。
▼▼なんて思えるところまで書き換えてしまうと、書き換える前と後じゃもう別の──異質な文章になってるだろう、とも思うので、書き換え前のものを読んでくれた人に対して恐縮するところもあり、つまり、この思考が正当化も兼ねてることは理解してる。▼▼とか考えつつ昨日の日記を書き換えてた