打ち消されているのでじっと見る

▼▼非常という言葉を見つめた時に、非という言葉にくっついている「常」という言葉が見せようとしているものを、まず想像してみてから、否定する側に頭を動かしてみて、常にあらず──常ではない、といった情景を思い浮かべてみたりする。不調という言葉ならば「調」に着目するし、未熟ならば「熟」を意識するし、無視ならば「視」に注意する。
▼▼といった「打ち消しの接頭語が付いている単語を見る時には、打ち消されている側の言葉を、じっと見つめることになる」という挙動を好んでいるなー、って気づいた。
▼▼非常、異常、超常、というふうに、同じ言葉の上に異なる接頭語がくっついてくる状況、を見つめて、非/異/超、といった言葉の違いを見つめるのも、好きだ。
▼▼熟語を構成している文字ひとつひとつを見つめて、意味と意味の噛み合わせかたを見つめることになる、っていう行動がとにかく好きなのだった。意味見るの好きだ。