落胆は胆が落ちるのか胆に落ちるのか(腑に落ちたりもする)

▼▼腑に落ちると落胆は同じ意味であるかのような見た目である。▼▼ある文章が熟語に変じる時に切り落とされてしまう助詞、と、熟語から文章的意味が忖度される時に想像させられる助詞、のことは、意識しがちだ。フォーカスを当てるのが好きだとも言える。熟語を構成している「漢字の上下」の違いにより如何なる意味の違いが出来ているか、というところも、好きなフォーカスの当てどころだったりする。
▼▼文章の助詞等をぶった切って、漢字二文字にすることで、二字熟語に出来る。ということの中にある乱雑な「切り落とし」と「接合」が、人類や言語にとって、必須なんだろうか?とは少し思ったりしている。熟語がなければ人類は生きてゆけないのか? とまでは言わないにせよ、熟語が無ければ困ることが多い? のかな? 効率に問題が出る、とは言えたりする? まあでも効率面だけじゃなくて基本的に人類は熟語欲のようなものを持って生まれてきているようにも見えるけれど……、とも思った。