一人だけ特別なのはちょっと(二人ならよい)

▼▼物語の中で「前例は一回もない、誰にも達成できたことはない」と語られていたことが主人公によって華麗に達成されたりすると、いやいやご都合がよすぎるのでは? って思ってしまう癖があり、逆に、ご都合主義的な偏りが見られたとしても「前例はあるよー、ほかにも少数だけど達成できた人がいるよー」というふうに描かれていたのであれば、主人公が華麗に達成してみせたとしても、まあならしょうがない、納得はできる、変ではないだろう、って思ってしまう癖が少しある、っていうことに関しては、なんか嫌だな、直せないかな、と思っているところがある。