読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一昨日『コリドール四人戦』でも遊んだ(ボードゲーム/オンライン)書き忘れていた

活動記 盤遊記 電脳記

▼▼一昨日の夜に「ボードゲームアリーナ」というサイトでボードゲームのオンライン対戦をしたのだけど、最後の戦いとして一回『コリドール』で戦ったのを忘れていた。昨日書いた日記にも書き忘れたので追記的に記録しておく。



『コリドール』
f:id:meltylove:20161110214031p:plain
▼▼『コリドール』は、マスの目状になった盤の端(端の列の真ん中)に、自分の駒を一つ置き、スタート側の端とは逆側の端まで辿り着かせたら、勝ち、という非常にシンプルなルールのボードゲームだ。二人対戦もしくは四人対戦。物理版だと(今回はコンピュータ版だけど)木製のコンポーネントが大層美麗でもある。
▼▼プレイヤーの手番、一回ごとに、駒は一マス動かせる。とはいえ、これだけでは当然勝負にならないので、ここに一つ、戦いの決め手となるルールが加わる──加わるわけだけど、実際はそれも非常にシンプルで、対戦を行なう二名が10枚の板(四人対戦の時は5枚ずつ)を持ち、駒を動かす代わりに、板を置く、という選択を取ることともできる、というルールだったりする。
▼▼つまり、各プレイヤーは、じぶんの手番ごとに、駒を一マス動かすか、板を置くか、の二択について試行錯誤を重ねながらゲームを進めてゆくことになるのである。板はマスとマスのあいだに置くことができる。縦でも横でも可だ。そして板の幅は二マス分。あとはまあ、完全に駒を閉じ込めては駄目、といった注意が加わって、ルール説明は終わりとなる。
▼▼大変判りやすいゲームではあるのだけれど、いわゆる「シンプルだけど奥が深い」型のゲームでもあって、想像以上に、あれ?と困惑する場面が出てきたりもする。
▼▼各自が所持している板は、無論、相手の進行を邪魔するために置いてゆかれる(ことが多い)のだけど、想像していた以上に、劇的な邪魔っぷりが発揮されたりするのだ。そして、じぶんが相手を邪魔するために置いていたはずの板が、いきなり、じぶんの敵(障害)として立ち上がってきたりもする。う……、おお……、え……、あ、じぶんの板と繋がってしまって、結局そんな遠回りしないと駄目な感じになるというのか……、なんてふうに驚かされたりする。さらに言えば、板は「二マス分」の幅がある、という要素を利用して、相手が邪魔するために置こうとする板を「隙間が足りないために、置けないようにしてみせる」という使いかたができたりもするのだった。
▼▼なんだかんだの思惑の交錯が終わったあとは、あ、もうなんもできん、勝敗決まっちゃったじゃん、って雰囲気になって、あっさりと戦いが終わる。終着する。快勝も完敗も至極キレイにもたらされて、なんか、よい勝負だったよー、ってなりがちだ。というような、最後の最後に来る「決まっちゃったなー」って雰囲気も好きである。
▼▼勝敗としては敗北した。▼▼前に、囲碁と将棋のプロが『コリドール』で戦う動画を見て、素敵な勝負だ!と感激したこともあって、今回戦ってみたくなったところがあったし、今後も少し戦いを重ねてみたくなっている。また遊ぶと思う。

www.youtube.com