否定表現で拡げてく

▼▼経験則はいつだって増えてゆく。理解が理解を呼びながら、最後は法則として積み重なっていく、はずだ。減るのは変だろう。現状維持もおそらく無理に近い。時間が進むのと同じように知性も進む、なんて言ってしまうのは誇張かなー。まあ理解が進むことを知性が進むと呼べるならばアリかもだ。けどまあここはまたあとで考えよう。
▼▼経験則が増えることは世界や視野を狭めることと等値では? みたいなことを、以前は考えていて、最近も考えているけど、経験則の中に「否定判断」を組み込んでみせることで、経験則を、繊細にしたり強固にしたり、網目を細かくして──仕立て直して、強くしたりすることができるから、単純一途に経験則が同じ方向に進んで世界を狭める、って判断してしまうのは違うかな、って考えているところもある。考えられるようになった。
▼▼否定を見出すことが哲学の出発点であり到達点 みたいな判断を最近読ませて貰って唸ったのだけど、哲学が思考を高めるような性質を持ちうるのはこのあたりなのかなって連想した。否定を活かす学問。否定を取り込んで複雑化し強化される経験則。みたいな。