文句言わなきゃいいとかないと思う(文句言ってても幸せになれる道は残したい)

▼▼呪詛や唾棄や悪罵を――不満や文句を、排除するだけで、誰だって──なんて言える簡単で安易な「幸せ」が掴めるぜ、みたいな判断は好きじゃないかな、って思った。綺麗な思想だとは思うけど、綺麗な思考だとは思えない。まあ可能な限り思わないようにしよう、って思った。思いがちな癖があることを認識できたからだ。▼▼嫌悪や悪態を捨てた向こうに幸せがあるのかなー? なくはなかろう、と思える瞬間は確かにある。ので、可能性の話はしてもよいぜ、って思えるところはある。可能性に賭けてもいい、って思えたりはする。同時に、わかりやすい幸せなんているか!っていう反骨心も湧いたりするのだけれど、複雑でわかりやすくない幸せならよい、なんていう「わかりやすさ」すら超えたところの「幸せ」だってたぶんあって、欲しくて、だから、賭けてもよいなあ、と──賭けるに値するぜ、と、思える時はあった、って思った。