定型と感情

▼▼経験則の濃さに従って、つまり「遭遇しやすかった出来事や文脈」に合わせて、感情の発露パターンも決まってくる。頻出事件に心が適合してゆく。感情が顔を出すその瞬間の許可証の出しかたが固まってくる。感情は定型的だ、という言葉を思った。定型的な類型的な状況に向けた感情の発露が基準になって、所与のものとして、そうして、それの亜流として、新しい、珍しい、出来事に対する心証が決まる、という感覚。感情は定型的という言葉は、だからまあ、若干ズレてるかな。


▼▼未知の出来事、よく判らない状況に出くわして、この出来事は、その状況は、あれに似ているかな、つまり、怒ってよいあれに似ているから、怒ってよい、とじぶんに許可が出せる。許可が出てしまう。――けれど許可が間違っていて、実は似ていなくて、あ、怒るところじゃなかったのか、と思うような、場面のことについて考えていた。