世界の重み付けシミュレーション

▼▼世界に対する新たな気づきが、時々は得られる。この「気づき」を使って、演繹してみせることで、あるいは、帰納してみることで、かなり異なる眼差し、かなり違う感覚、かなり遠い世界観、に辿り着けたりする。何となく想像できるようになったりする。瞬間的に「何かに手が届く」ことがあって、うまくそれを掴んでみせることによって、想像できる「ひと」の範囲が拡がったりする。
▼▼異質な感覚に根ざした未体験の世界が、たまに、想像できる。トレースできる、というか、シミュレートできる。できた気になれる。そういう思い描きのために、「閃き」を待っているところはある。「閃き」に頼っているところはある。「閃き」を過剰に楽しんじゃっているところはあるのだった。
▼▼というような「閃き」にまつわる遊び心が、ぼくの言葉の源泉の一つだろう、と思った。ここを描いてみせたいがための言葉が多い。割合で言ったら五割は占めている。