脳内オイル言葉

▼▼ワーキャー言いながら悩んだり迷ったり考えたりしてる暇があるなら実践だ、という言葉が、脳内に響くと、メンドウクサイやハズカシイを捨象する雰囲気は、出る。多少は出る。紆余曲折をすっきり一本にまとめていくような気分にはなる。確保したメモリ、心配範囲を維持するためのメモリ、が、多少は、解放される。説得のための理路としてはあんまり好きじゃないところもあるのだけど、この言いかたによって出せる勢いがあったほうが効果が高まる、ってところがあるのも判るので、まあよいか、と思ったりはする。正当ではないけど妥当かな、って思ったりもする。
▼▼ここ、今はあんまり見なくてよいかな、って気分を匂わせてくれる。
▼▼あんまり付けすぎて塗れさせると、逆に動きが鈍ってしまうところもあるし、見た目も汚らしくなる、という、潤滑油みたいなところがあるのも判る。