あなたの心理プロセスの説明と、私の心理プロセスの説明、の違いから、人の心の種類分け、ができるほど、違い、を信念できるか

▼▼嘘つきにも人によってメカニズムの違いがありそう、って一昨日、日記を書きながら想定してみたけど、こういう「心理メカニズムの違い」なんてものがほんとうにあるのかな? 実際のところは全員ほとんど同じような心理メカニズムで動いていて、人それぞれの違いを見せているのは別の要素なのでは? と思えてくることも時々ある、かな。
▼▼同じ「好きになる」でも「苦手」でも、おのおのの内部で起きてることは思った以上に異なってそうで、このあたりを聞くのが好き、っていうのもあって、実際メカニズムはぜんぶ一緒、ってのちのち明かされたりしたら不満なため、逆に、人間ごとの違いなんてほんとうにあるの? と、時々不安げに問いかけたくなってしまう、んだろう。
▼▼っていう「不安になる」も、おのおので異なる「不安になりかた」および「不安に対しての対策」を有してるように見える、わけだけど……、うーん……、なんか……、皆様が──人類が「各個人にとって好みの使い慣れた比喩を、手癖で、多少のズレは無視すらして、使いたがっちゃう」せいで「対象は、同じもの──同じメカニズム、なのに、違う説明が溢れてる」ってことが起きてるだけなのではないか? ってことを、時々は考えてしまうのだよなー。
▼▼人間各位の内心の説明をどの程度信用するか、当てにするか、って話な気がした。