過去扱い

▼▼「過去を振り返らない」のと「過去を引き摺らない」のは異なる行為だけれど、行動にも心理にも重複するところがあったりするし、「過去を引き摺っている」のと「過去を参考にしている」のも、当然異なりつつ、行動や心理の回路や経路にかぶっているところがあるかと思う。▼▼見つめようと──見つめまいと、している「過去」が、快楽や勝利にまつわるものか、苦痛と敗北にまつわるものか──精神や気持ちを昂揚させ推し進める影響を持つものか、ビビったりたじろがされたりする影響を持つものか、によっても、扱いかたが変わってくるだろう。
▼▼過去を振り返らないのと過去を引き摺らないのは、違う、はずだろう、なんてふうに思っている時、実際の行動による違いを見ているか、言葉の比喩的なところによる違いを見ているか、曖昧だ、ということも合わせて思った。振り返るという行動と引き摺るという行動の違いを見つめること、が、過去を振り返るという行為と過去を引き摺るという行為の違いを見つめること、と、同じなの? と思ったのだった。