読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱の網に頼り過ぎ

思考記

▼▼好きな作品を紹介しようとした時なんかに、一から十まで、ぜんぶ説明しようとしてしまってて、クドイよ! というような状況に陥ることがある(脊髄反射的に説明文を始めるとけっこうやってしまいがちである)ことの、対比として――対策として、楽しさや好きの熱量と奔流に身を任せて、思いつくまま、自らの脳内でざわめいている言葉を、ごくごく単純に書き殴る、ということをしてしまっていることがあるのだけど、ぜんぶを説明するんじゃなくて素敵だと思わせるであろうところをうまくピックアップして説明してみせる、ということのやりかた、っていうの、別に、それだけじゃなくない? と改めて思った。思い直した。対置するのそれじゃなくない? と思ったのだった。
▼▼情熱という気持ちで作った網で好き勝手に掬ってみたら「うまいこと素敵なところが引っ掛かってきてくれる」という期待、楽観、けっこう危ういぜ、という反省である。