言いかたが(その場でまず)言葉の背景を作る

▼▼言いかたによるじゃん、とか、言ってることは同じなんだから細かい言い回しなんて関係ないだろ、というようなたぐいの言説が発生しうる問題空間のようなものがあるかと思うのだけど、認識/判断/感覚/言葉などなど、が「文脈、コンテクスト、によって変わってくる──違って見える/違って聞こえる」ということなんて、いくらでもあるのだから、同じことだろうというか、言いかた、というものもまた、その言葉の、文脈? 背景? を形作る要因の一つなのである、って思っておいたほうがよいのだなー、と、今回改めて認識した。脳内でまとまった。
▼▼むしろ、背景や文脈を形成する要因の中で言えば、直近の一つ、であり、おおきな影響や権威を持つもの、として、最初から見つめておいたほうがよいのかもしれない。というあたり、これまであんまりうまく認識できていなかった関係性だった。確かに言いかたによって何かが変わるんだけど、何が変わってるんだろうなあ、というくらいのことだけ思っていた気がする。