文章同士の中で生まれるおかしさは「ほんとうの考えや気持ち」とのズレによって出来る、ということばかりでもない

▼▼昨日の日記に関する注釈的な思考になってしまうけれど、文章というものをいくつも書き連ねていった時に、違和や矛盾が出てくるのは、まあまあ自然だろう。よくある。脳内で論理的整合性を常時精査しながら言葉選び言葉運びをしてゆくのって、(特にじぶんの処理能力では)不可能じゃないか、って思えるくらいに困難なのだ。▼▼というところに対し、ほんとうにじぶんが思っていること、ほんとうにじぶんが感じていること、とズレているから、おかしな言葉選び言葉運びが起こるんだ、って思うの(おもいすぎるの/決めつけてしまうの)、あやうくない?

meltylove.hatenadiary.com