普通の日々のそこを切り取るとは流石な描写文、と、別にいらないっす描写文

▼▼世界ぜんぶは描写できないので、世界描写は切り取れるところを切り取って──切り取ろうと意識できるところが選別されて、並んでいる。斬新や鋭敏や繊細や覚悟などなどが素敵で、華麗な切り取りかたに衝撃を受ける描写文には、時々出逢ってる。当然、逆もあるだろう。陳腐や平凡を感じる文章が沢山並んでたら、萎えうる。▼▼っていうようなツマラナサに最近出逢ったのかなー、と思った。最近読んだ小説がなぜつまらなく思ったのか問題を相変わらず引き摺ってた。まあでもこのあたりな気はしてる。世界に関する説明を受けて、いや別にそこの説明いらないんで……、そんな詳しく説明してくれなくていいですし……、ってかよくあるやつですよね……、なんて気持ちになった気がする。
▼▼ってのも含めて、物語読み慣れてる人達と初見の人達に対する物語のありかた、ってやっぱりぜんぜん違うよなー、と思った。効果的な多数派な技術が、効果的だからこそ繰り返されることで、慣れて陳腐化し始めて、細かく深くなって、読解しづらくなる型。