賢さ幸せお金の繋がりと、強引と口先がそこに挟まってくる感じ

▼▼賢くなれば幸せの量を増やすことができてお金も稼げるんじゃないかな、なんて期待していた頃がかつてあって、かつてと形容したくなりつつも、意外とまだ残ってる。思いのほか根付いてなくはないのだな、と時たま自覚する。
▼▼けれど、疑い怪しむ理由、になるような異論的経験も非常に数多く得てきてしまっているので、戸惑ったりもしている。異論に叩き潰されてはいないにせよ、異論と持論の確率や比率は気にしちゃうし、迷っちゃうし、期待しつつも不安がある。
▼▼賢さと幸せとお金の隙間隙間に、こうしたら繋がるだろう、って想像が、かつては比較的明確に存在していたわけだけど、視野が狭かったところもかなりあって、経験の蓄積から、綺麗に繋がらないなー、とか、あのひと違う繋ぎかたしてるしあの繋ぎかたのほうが綺麗に繋がってるみたいだなー、とか、違う繋ぎかただと確かに繋がりやすそうだけど好きじゃないところがあるなー、とか、戸惑うところが出てきた。
▼▼賢さも幸せもお金も多面的すぎるし、一面の切り出しかたで扱いかたや繋ぎかたが繊細かつおおきく違ってくるし、戸惑って迷って当然だ、とは思う。ほんと様々すぎる。
(ここの思考は繋がってるけど、繋げる言葉が浮かばなかったので、割愛してみる)
▼▼強引と口先を甘く見てた、って話かとは思った。積極性と舌鋒、なんてあたりで換言しておいたほうが聞こえがよいかなー。
▼▼聞こえが悪い、って認識していることが、強引と口先の効果をまだ舐めている証、とは思えた。舐めているというか、嫌って目を逸らして認めず対峙できていないでいる。
▼▼強引と口先で巧みに日々を歩んでいる人、を見かける機会が、子どもの頃と比較したら増えた。日々の歩みかた、に子どもの頃は目を向けていなかっただけか。