同級生(中村明日美子)を読み終えた

同級生 (EDGE COMIX)
▼▼最初に読んだ中村明日美子漫画は『曲がり角のボクら』か『ばら色の頬のころ』かと記憶している。漫画喫茶で運良く読めた、って言ってしまえるかな。話題作として採り上げられていて、初めて認識できたのだった。おお!流石は話題作!って思ったのを憶えている。斬新、独特、新規開拓できたぜ、と思った。いわゆるBL要素に関しては、まあ特筆して意識できていない。意外と違和を挟めないのだよなー。純愛苦悩真剣しどろもどろ擦れ違い寄りになる分むしろ好みかな、と思っていたりする。▼▼同級生は再読。続刊で続編の『卒業生』をふと読んでみようと思って、合わせて読み直した。▼▼空気、距離や間、雰囲気や匂い、テンポが好きだ、と言える。以前に、こういう雰囲気がBL漫画におけるデフォルトなのかな、と誤解してたことすらある。が、誤解は解けたので、今は、中村明日美子が、単身で好きになった。でもって誤解は解けたけど、BL漫画独自の独特な間合いがあるのは判断していて、好きなところではあるなー、とも思ってる。