性癖指導と奇策と万策の試行錯誤

▼陽と蝉が傾いでいる。熱の侵蝕を見なしてみた。陰を歩く人影が際だつ。起床は午前9時。勤務は午後2時から。早めに向かおうかな。社員ミーティングを予定している。
▼読書は『RD潜脳調査室』秋田禎信を読むつもり。相変わらず好きすぎるところ。
▼癖は変容する。衰退もするし成長もする。つまり、停滞するだけではないし持続するだけでもない。だから変化を期待できる。できるはずだろう、と現状では認識している。経験則だ。変化を観測したことがある、からだ。勘違いでなければ子どもの頃の癖は消えていたりするし……、なんて印象があるのだ。で、試行錯誤している。何というか、誰かに対して変化を求められるのか、ということについて熟慮したがっているようだ。指導は可能なのか、啓蒙は可能なのか、などを考えている。でもって、癖は変化する。変化を促す技術もあるだろう。というところから策を練りたいと思っている、のだと思う。