慎重と豪気のバランス

▼対象が複雑だと把握が難しくなるな、と考える。特に「複雑な感情」はそうだろう。混乱が過ぎて、なぜか、を、問い切れない時がある。怒気や憤懣を感じて、なぜ怒っているのか、と問い掛けてみたりする。するが、しても、鍔迫り合い、なんて形容の似合う、繊細や真剣や技巧を要する場が、時おりある、のだ。勘違いの匂いを感じてしまうことすらある。勘違いは駄目なのか、と問い直してみる。うっかりするとすぐ正当化しようとしやがるからだろう、と思えた。己を正当化するために人は生きているのではないか。己を正当化するために人は考えているのではないか。という問いは抱えている。程度には、正当化というものを評価している。危険視してもいる。油断すると生存や思考はすぐ正当化に魅惑されてしまう。だから、慎重に対処せねば、と考えている、わけだ。問題視しているものがありつつ、数割も描けなかった。▼起床は午前6時。何とかしてみせよう、だ。