ラブレターを書いてみたい、とわずか考える

 ラブレターを書いたことはない。けれど。愛を伝えるために真剣に言葉を紡ぐ、というのはきっと楽しいことなんだろうな、と考えることは多い。関連して、ここで書いている文章は世界に対するラブレターみたいなもんかもね、と思ったりもする。好きだからだ。