小説書くのと嘘日記書くの、脳内手順が変わる

▼▼即興小説ってサービスに時々挑戦してみたりしてるのだけど、描写し「物語を進めよう」と画策している最中、理由もなく突然手が止まってしまい、頭の中が真っ白になってしまい、困った時に、実際には一つも起きていなかった「今日の出来事」を「詳細まで丁寧に思い出してみるような心持ちで」頭に思い描きながら、捏造的に「今日の日記」を描写してみると──つまり「今日の嘘日記」を描こうと試みてみると、脳内で違う回路が駆動し始めて──脳内の手順が変わって──新たな雰囲気と手触りが発生し始めて、別世界の話、が書け始めたりする。▼▼って時の、嘘回路が動く時の新鮮さ、目線を意識して動かしてみるだけで手順がするりと切り替わることの気持ちよさ、見知らぬ出来事と言葉が綴られていく楽しさ、などにより、最近、嘘日記に対する好感が高い。