ぼくの特殊さを通さないと君の特殊さを想像できないのか

▼▼人生の中の──じぶんにとっての、特殊な場面、特殊な力学、特殊な構造、特殊な気持ち、特殊な気づき、特殊な妄想、特殊な手触り、などなどを、丁寧に見つめつつ、このようなものが誰にでも──皆様にも、きっとあるのだろう、と、想像してみせる──、というようなやりかたで、人様に向かって働く「想像」の範囲を拡げようとしてみせることの──深く細かく豊かにしようとしてみせることの、よさ、正しさや美しさ、妥当さ、効率のよさ、などのことを、改めて考えていた。
▼▼逆に言うと──。▼▼ぼくの人生における、普通、通常、一般、などを活用して、人様や皆様のことを想像してみたとしても、不足、不具合、不明、不安、が漂ってしまいそうであり、ゆえに結局は、特殊なところ、鋭かったり狭かったり目立たなかったりするところ、を、通しながらじゃないと、人と人の素敵な関係、というものは、成り立たせられないのかもしれないな、なんて思って、若干の不満を持ったのであった。
▼▼特殊さ、奇抜さおかしさ珍しさ変さ、などなどをぶつけ合い繋げ合うことによって築ける眼差し、こそが、幸せに繋がる唯一の道なのだ、とまでは言わないにせよ、確率高めの道である、って言われてしまうと、少し、困るのだ。趣味としては好きな切り口かなと思えるけれど、いくらか困る。嫌だなあとは思ってしまう。唯一、は困るんだよなー。様々な道のりが幸せに繋がってりゃよいのに、とは思いがちなので。