読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごいことを思っている、ことに、いつの間にかなっている(じぶんの中で)

▼▼あんまり明確ではない意志や感情を確認するために、じぶんは今こう思っているのでは?と、仮説を立ててみることがある。比較的明瞭な思考や行動、感情を元にして(遡及的に)、深層心理を仮定してみることがある。
▼▼っていうふうにして思いついた深層心理にまつわる仮説、を、うまいこと正しいものにしてあげるべく――仕立て挙げてみせるべく――別の仮説を改めて打ち立てるのも、若干めんどうくさいので、この仮説に正当性を持たせながら打ち立たせることができるのならば、それに越したことはない、という惰弱さや粗雑さも織り交ぜつつ――せっかくうまく出てきてくれた仮説を無碍にするのは忍びないし、執着もしてしまいがち、という習性が絡んだりもしてきつつ――、とにかく、あの手この手を尽くして、その仮説の前提や接続先を、綺麗に、地固めしてあげることが、ある。あったりする。
▼▼という時に、こう思ってると仮定するなら、そしてそれが正しいなら、こうも思ってるはずだよなー、と思いついてしまい、そして、正当性を持たせるために「実際じぶんはそう思ってるはずだ」って決めつけてしまい、思ってもいなかったようなことまで「じぶんが思っていることにしてしまっている」ことがあったりも、するんだよなー。▼▼いつの間にかすごいことを思わせられている、思っていることにされている、すごい位置に立たせられてしまっている、というような場面がある。遭遇する。
▼▼整合性のためにそこまで思ってることにさせられるんすか……、というようなことになってたりする、のを、自覚した。いやいやそこまでいっちゃうなら、流石に仮説を棄却してくださいよほんと、ってツッコミを思って、反省した。流石にそこまで思ってないわーい、って思った。