飛躍と補助線、と姑息

▼▼昨日の日記で書いた「これまでの複数の経験が一つに繋がってくれる軸や補助線が思い浮かぶ」という脳の動き(を表した言葉)と、普段から好んでる「突飛で奇抜な発想の飛躍」という脳の動き(を表した言葉)を、比較していた。対比できるかな? と思ったのだった。同じところに並置して比較するようなことが可能、ならば、見比べるべき要素はどこだろう、と思ったのだった。こちらよりこちらのほうがちょっと好きかな、くらいは言っちゃえるだろうか、と思った。
▼▼これまでの複数の経験が一つに繋がってくれような軸や補助線が思い浮かぶ、っていう「脳の動き」は、突飛で奇抜な発想の飛躍、っていう「脳の動き」の範囲内に含まれるのでは? と思いついて、軽く納得もしてしまったので、対比的に見ようとする直観に対して、軽く駄目出ししてみた。違うじゃん、って叱ってみた。▼▼含まれないように見做せる環境設定も可能な気がするけど……、と、脳内の二割くらいが、諦めきれずに、まだ考えている。環境設定って所詮は言葉遊びというか結局のところ言葉の選びかた次第なところもあるだろー、と判断している勢力だ。
▼▼突飛で奇抜な発想の飛躍、なんて言える「脳の動き」の範疇の中でも、これまでの複数の経験が一つに繋がってくれるるような軸や補助線が思い浮かぶ、って言える型の「脳の動き」は、別格なのだー、と攻める切り口もあるのでは? というような理路や説明の繋げかた、も思い浮かんだ。▼▼聞こえがよいように手際よく効率よく情報と説明をまとめ上げて、しかも多少の印象強さだって醸し出してみせようじゃん、的な姑息さが、若干垣間見えてますなー、と思って笑った。表立った思考の背後で姑息に帳尻合わせしようとしてくれてる無意識、ってわりと好きかもだ。