日記の内容

▼▼時々気になる「言葉」や「言葉の使われかた」に出逢う、ので、解体したいぞ、整理したいぞ、とか思って、頑張った結果、成果、を日記として書いている、なんて言えるかなー、とは思った。▼▼なぜ日記を書くのか、というか、この日記なんなの? というのは、たまに考える。改めて考えてて、思った。
▼▼じぶんの脳内に巣くっている言葉──じぶんの脳の生活圏内で蠢いている言葉、の中に、境界線がぼんやりしてる、というか、複数の意味が重ね合わせみたくなってる、というか、言うなれば「意味が綺麗に切り取れない言葉」が時々あって、しかも、物によっては比較的クリティカルな位置を占めている雰囲気があったりもして──世界を認識する機構の中で結構重要な位置に置いちゃってるものがあったりもして、おや、ここに変なものがあるぞ、と思って、このあたりの「言葉」および「言葉の使われかた」を、丁寧に解体し、明確に整理し、理解してみせたいし、可能なら、支配したいものだ、と、思ってしまうような、習慣、性癖、習性、などがあるんじゃないかな……? とも思った。
▼▼でもってそれを望む「欲」を持っている。
▼▼じぶんの脳内や認識内で、結構重要なところに置いている言葉なのに──(いや、その言葉が置かれている、という向きではないかー。言葉が先んじてるわけではないと思うし……。脳や認識における「実際の動き」がまずあって、それを示す言葉がこれのはずなのに──この言葉が指し示しているところのものが実際あるのに、という順序で言ったほうが正確だろう、とは思った──)、つまり、この言葉が指し示すところがクリティカルなポイントであることはなんとなく判るのに──、にもかかわらず、言葉自体がぐにゃぐにゃしていて、掴みにくいし、判りにくいし、うまく取り扱えてない……、なんて感じた時、思考のスタートが切られ、その結果、および記録が、この日記である、というようなことかなー。
▼▼日記のぜんぶがぜんぶそう、ってことはないけれど、この切り口で書き始めてるもの書き終えてるもの、は、多いな、と思った。