錆びた認識を書いてみせるドッキリ

▼▼新鮮味は多少意識しながら日記の文章を書いているところがあるわけだけど、ユーモアやギャグ、あるいは「逆に」の精神で、じぶんの中で完全に古びている言葉、錆びついている認識、なんかを、がっつりと書き残してみたら、のちのちのじぶんが、混乱するだろうねえ、なんてふうに思って、この「あとで読み直す時のじぶんに対するドッキリ」みたいなものを、少しやってみたくはなった(まあ記憶から消えてくれればだけど)(消えない気がする)(読み直すとも限らないし)。
▼▼なんの変哲のないような日記が、その後なぜか、頭の中に残り続けることってあって、なんか、この思いつきは、それになりそうだな、って思ったので、日記化した。