リアルタイム小説化疲労

▼▼おのれの現状の活動状態を、描写、説明、実況していく文章を、頭の中に垂れ流してゆく、という遊びを一回やってみて、面白いなあ!ってなったけど、負荷おおきすぎ、という雰囲気にもなったので、またやろう、とは思わないかもなあ、と思った。