似てると人に思えない

▼▼ぼくとあのひとは似ている、と思った時に、こういうのはじぶんで思っているほど似ていないものだ、勘違いの可能性がある、勘違いの可能性も高いのに人にそんなこと思うのは無礼や失礼では……、といった印象を持ってきて、うーん、でも気のせいかな、っていうほうに頭をねじ曲げさせていることが多々ある、し、そしてそのあとに考えることのある、ぼくとあのひとは似ていて、しかもその同一線上でぼくは完全に「負け」ているので、悔しい羨ましい妬ましい、といった判断についても、いやでも違うか、と思うようにしているところがかなりある。似ているとも悔しいとも思わせない防壁や関門が、妙に強く、ある。このあたりの防壁や関門、ほんと当てになるのかな、と思った。悔しいとか思うのはよくない、負けとか思うのもよくない、っていう壁もあって、このあたりもなんかあやしい雰囲気だし。確定できないので、確定できないものについて思い悩みすぎるのは確かに、よくないというか、問題があったりはするだろうけど、そういう判断ってたいてい間違ってるからね、って言い始めてじぶんで取り下げ始めたら、なんか違うのでは、と思ったのだった。
▼▼あのひととぼくって似てるっぽい気がするなー、なんかたぶん負けてるな、悔しい羨ましい妬ましいぞ、といった判断や気持ちを、軽視したくない、無視したくない、歯牙にもかけないなんてのは嫌だ、思ったことはとりあえずいったん保持して活かすなりしまうなりしたいぞ、っていうような欲が、あるのだ。大事にはする。大事にしたあとに、でも棄てたり放置したり後回しにしたりする、ことも、あるにせよだ。