読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断言処理

▼▼断言すると、断言を聞くと、いやいやとはいえ例外もあるでしょうよ……、レアケースのことは認識してんのかなあ……、といった疑問、処理、が出てきがちである(たいていは「言外に切り捨てられている部分」があったりするからだ)。この処理が面倒なのであんまり断言はしたくないとか、あんまり好き勝手に使わないでよーとか、思っているところはある。でもって、見た目が断言口調であっても、例外に目が向いていること判る説明のしかた、というのも無論あって(まあこれも、文字数制限などでここでは無理~、ということがあったりするんだろうけれど)、そういう断言は、つまりわりと好きである(処理が楽なので)