最後は結局、最初に思いつけるやつ、に力を借りつつ考えちゃう

▼▼精神や思考や直観の返り値のデフォルト設定には突っかかりたがる癖に、デフォルト設定に期待してたり信仰してたりするところ、かなりあるのだよなー。
▼▼返り値のデフォルト設定、って言語化したところ、うまく言語化できなかった。最初に思っちゃうものを思っちゃうのはしょうがないじゃん、的なことを想定している。
▼▼期待や信仰の裏返しで試すように喧嘩売りたくなっちゃう、的な精神なのかなー。期待や信仰は、つまり、ここから始めるしかないしここから始めればおそらくよい、って雰囲気の期待と信仰だ。胡散臭い中年探偵なのに頼り甲斐あって困るぜ、的なノリである。