認識や判断もいずれ腐る、みたいな世界認識

▼▼同じ判断を続けたせいで固定化して常識化した認識、を、時折、巧く出し抜けることがあって、思考行為で好きなのはそこかなあと思う。巧く出し抜いてやったぜ快感! とか結構思ってるなーと自覚した。油断も隙もまるでない判断なんてほとんどない。まあ時間経過で腐朽するってだけかもではある。▼▼判断と検証を重ね続けた複雑で上質な「常識」であっても、経年劣化して不備だらけになっていくものなのだから、絶えず常識は出し抜き続けられる──出し抜き続けてしまえ、みたいな世界認識である。比較的好きなものな気がするなー。認識だって腐るよ、みたいなのはよいな。