時間管理が結構変わった

▼▼時間管理についていろいろと試行錯誤できる機会が最近は多くて、まあ洗練も向上もあったと言えるのでは、と捉えてはいる。安全圏で言っても「変化があった」ってことくらいは言えるだろう。で、経験量のおかげかなー、って考えていた。
▼▼理論だけ読んでみて、学んだつもりになって、実際試してみて、けれど挫折したことは数多い。で、諦めて、素手で試行錯誤を繰り返し、沢山の経験を経て、経験量を統計化および抽象化して、理論化してみせて、改めて適用してみたら、巧くいっている──巧く回る構造を今度は構築できた。のだけど、見直してみたら、最初に「誰かから聞いて挫折した理論」に、実はひどく近似していた──足掻きながら一歩ずつ進んでいたら結局は理論通りのことをやっていることになってしまった。っていうことが結構あるなー、というか、ということになっていたなー、とかなり強く認識できた。ので記録しておこう。