[開始記]勝負と善戦のバランス

▼勝利と敗北で比較する。君と僕の動作と計算を比較する。比較して勝負する。無論、正しさ、ではない。でも、正しさに繋がってしまうことは多いだろう。優位は正当の根拠になりうるからだ。しやすい、とも言えるだろうか。優位で正当化すること、が、正当かどうか、は、別問題として問うべきことだ、とは思う。勝敗判断を超越するのはおそらく簡単ではない。難しい、と経験的に思う。ゆえに、誰もが毒されている。難しい、は、多数派、とは反発するからだ。というか誰もが可能なら最初から「難しい」なんて言われたりしないだろ、とも言える。勝敗軸での比較、に対するこだわり、は、醜態に繋がることも多い。結果として、批難も多くなる。が、問題が起きやすい、を根拠に、全面禁止、を謳うのには、やはり慣れない。適材適所、を理想としたいからだ。勝ち負けにこだわることが幸せに繋がる場面があったっていいじゃないか、と思う。期待と理想ではある。