適切な比率と完全無欠なモノを理想にするための漸近思想か模倣思想

▼思想はこういう比率にして常時生存を目指しておけば「ポイント制幸せ具合」は最適値および最高値に達しうるのではないか、というものを、ずっと探しているような気配は前からあったりする。でも、見えない。見えないだろうと思う。推測はできよう。でも、確定はできないだろう。見通しは暗いからだ。統計と確率しか情報はないからだ。確率で確定はできない。と同時に、確定には思考停止の薫りも混じっていて、だから、結局は許容もできないのだろうな、とも思う。不完全性が思考停止嫌いの源ではあるのだろう、というのはわかる。にもかかわらず「完全無欠」を理想として掲げようと思うなら、思ってしまうのなら、選択箇所はどのあたりが素敵に繋がりうるのだろうか。不完全なものが目指しうる完全、を目指すのか、完全無欠なものをありかたを模倣しようとするのか、という問題である。前者が次善策なのはあっさりわかる。でもな、とも思うのだった。