評価的行為がまるっきり脳裏に存在しない人格

▼評価という行為を「知らない」あるいは「理解できない」人格、というものもいちおう考えてはみた。が、現状では想定できていない。称賛や批難という行為の存在をまるで知らない、とか、称賛や批難という行為が何を意味するのかさっぱりわからない、とか。だから認識の内部にない、という人格を考えてみたのだ。ありえないわけじゃないかな、とは思う。思うが、想像が及ばない。無論、完璧に「評価なんて気にしないぜ」と言えるのは彼らだけなんだろう、と考えている。ならば、違いはどこにあるのだろうか。