最寄りのブックオフ

反哲学史 (講談社学術文庫)

反哲学史 (講談社学術文庫)

▼最初に『おもしろそうだなあ』と思ったのは数年前だったと思う。いずれ買おう、とは数年前から考え続けていた。機会がなかった。のだけど、うまく機会が訪れた。哲学を私は有益なものだと考えている。が、有益だと思う根拠は単に『好きだから』なのではないか、という疑いを持っていたりもする。好きなものを正当化しようとしてしまう癖が人間にはある、という経験則がもたらした疑いである。だから、哲学を有益なものと看做さずに捉えてみよう、という趣向に以前から魅力を感じていたのだった。素敵だと思ってしまうものを、素敵でないものと仮定して捉えなおすことで、やはり素敵だった、という結論に達したがっているのだと思う。素敵だ、という確信を欲しがっているのだ。無論、もしかしたら『素敵じゃなかった』という結論に達してしまう可能性だってありうる。が、だけどそれもありだろう、と思っている。妄想の排除も同じくらい嫌いではないからだ。