LL

 数日前に中古のゲームソフトを大量に買い込んだ。そのうちの一本が『リトルラバーズシーソーゲーム』だった。存在は以前から知っていた。新作の多人数プレイソフトが発売されると、いちおう『どんなもんなのかな』と確認しておく癖があるからだ。発売当初から知っていたように思う。のちに安価版が発売されたのも知っていた。にもかかわらず買わなかったのは、無論、おもしろそうだとあまり感じなかったからだ。間違いだった、と言える。深夜から朝方までプレイしていたからだ。そして、おもしろい、と思うことができたからだ。もっと底の浅いゲームだと思っていた。ネコ氏イネ氏ミヤ氏アイ氏イシ氏が参戦。人口過多だった。ので、自分とアイ氏、ネコ氏とイシ氏、が、組んで対戦することになった。結果、全員が敗北感を味わった。誰も目的を達成できなかったわけである。