断定はせず、確定もせず、安住などさせない

▼案外図太いようだった。存外しぶといようだった。あっさりと回復を始めているのは確かだった。回復速度も速いように思えた。堅実を取り戻し始めている。確実に不安定は排除され始めていた。切り換えの速さには驚いた。笑えた。時には感心さえできた。なかなかやるよなコイツ、なんてことすら思えた。想像以上だった。驚く。意外に思う。▼おおむね確定と断定を避けている。おのれを安住させないようにしている。だから、おのれに対して『驚き』を感じる機会もわりと多いほうではないかと思う。縛りを増やしたくないのだ。揺らぎを残すようにしている。▼けれどこれは、傾向や確率を考慮しない、ということではない。以前の自分にはこういう傾向があった――以降の自分はこうなる確率が高いだろう――などを、考えたりはする。情報として視野に置くことはある。だが、参考情報に過ぎない。確定せず、断定せず、安住などさせない。おのれの位置づけを確定してしまうこと――おのれの在りかたを断定してしまうこと。言い換えるならば、何ができて何ができないかを先んじて決めてしまうこと。愚行と後悔に繋がるだろう、と想像できる。