知ってたほうがたいていよいけれど、知らない振りをするのは苦手になってきているかも

▼▼知っているけれど知らない振りをする、っていう行動に、以前はあんまり強い抵抗や違和がなかったので、知らないより知っていたほうがよいじゃん、無知や未知より知じゃん? というふうに素直に言えていたのだけど、最近、若干、変質しつつある気がするなあ、と思った(知っているけれど知らない振りをする、という行動に、おおきな価値を覚えなくなってきてしまったため──あんまり優先して実践しなくても生存可能っぽい、と思い始めてしまったため、結果として、あんまりやらなくもなってきて、慣れない雰囲気にもなってきて、苦手意識すら湧き始めているのだけれど、知らないより知っていたほうがよい、無知や未知より知では? といった判断のほうには(判断としては好きなので)変化がなくて、行動と判断に齟齬が出始めてきている気がする……、と思ったのだった)。