脇設定が表舞台に躍り出て

▼▼脇役好き、というか、脇設定が突然物語の主流に躍り出てくる──表舞台で進んでた流れの背後に脇役かと思われてた設定が横たわってました、って構図が大好き、というのがあるので、活かせそうな脇設定が、軽視あるいは放置、ないし忘れられて、新種の設定が出てきちゃう物語、に対しては、多少不満を抱きがち、っていうのはあるなあ。
▼▼最初に切り落とした大根の葉が、最後の最後で再登場してきて、味を調え見た目を締める食材として活かされる、ような情景に、理想を見てるフシがある。