言うほどでもない得意分野や長所も、思うほどでもない、ほどではない

▼▼得意分野や長所を考える時、あのひともできてるし……、っていう理由で、棄却するのは、やめたほうがよい、と言いたくなる瞬間ってだいぶある気がした。じぶんの中で思う瞬間が結構あるし、人に思うこともある。言わない、という選択はぜんぜんよい、けど思わないは駄目、って思ったりしている。うーんまあできる人結構いるっぽいしいちいち言わなくてよいかあ……、とか、いやあこんな変哲もないこと履歴書にわざわざ書くほどのことではないよねえ……、と時には判断しちゃうにせよ──「公言しない」って判断が適切な場面は無論あるにせよ、まあでも長所じゃないってことではないんだけどね! と内心落ち着かせてるのが好きかな。些細な得意や好きも大切にしていきましょう的な。
▼▼ほかにもできるひとがいる、なんて雑な理由だけで、あっさり取り下げるのやめてよねー、という思いが、思考初期にある雰囲気かなあ。▼▼あなたのことが好きなので、ほかのひとのありかたや動向はとりあえず脇に置いといてさ、あなたの得意なことや時間をかけてること(と思っているあなたの判断)を知れたら嬉しいのだよ、的なワガママはまあ思うし……。あと、要素単体で見たら同じに見えてもほかの独自要素が絡まってきて目新しくなってたりすることあるよねー、ってのも思うし。じぶんの持つ些細な得意分野や長所を舐めて軽視して生きていくのって不快に繋がりそうでちょっとー、とも思うし。