サボり打開を言語化で

▼▼意識の整理と習慣の整理、を、ほんとうに、最近、サボってる。脳内自己駄目出しを放置してる。多少サボっててもよいだろう、と正当化に走ってしまえる理由を捏造してるせいだ。いや捏造は言いすぎかなあ。でも正当性を拡大解釈してるところはあると思う。
▼▼懺悔や反省、自戒、は、書き始めると書き過ぎてしまいそうな匂いがあって──普段から頭の中に渦巻きまくっているぶん、油断すると、言語変換に関して暴走しそう、とか思えているところがあって、つまり、嵌まりそうでビビって避けてた、のだけど、素直に言葉にしておける瞬間だってあってよい、と珍しく決断できたので、書いた。
▼▼素直に言葉にして吐露する、くらいのことをしておかないと、危うい、くらい、最近サボりすぎ、って雰囲気なのかな、とも思った。
▼▼いや、むしろ逆かなー。
▼▼最近出会えている、人、場、本、などが、うまいこと意識改革に繋がってくれそうな空気を出してくれてるようだから──恵まれた状況に置かれつつある、と言えそうな空気が漂い始めてくれてるようだから、言語化、っていう行為によって、後押しなり加速なりができないか、と考えてみたんじゃないかと思う。
▼▼言語化による、ブースト、ないし、ギアチェンジ。