そもそもハードルみたいな形状にしないという手腕とかないものか

▼▼好評を伝聞で知ったような時に、つまり、じぶんで見つけたのではなく誰かしらの説明によって素敵なものに出会えた時に、基準を上げすぎてしまい──期待が高まりすぎてしまい、結果的に、楽しめる確率が下がる、というような状況がまあまあある、と思っているのだけど、評判を知った時の、わくわく、脳内の昂奮、も、一種ではあるまい、とは思えるし、おおきさの調整だって不可能ではあるまい、とも思うことがあって、ほどほどの昂奮で収めるよいなというか、あくまで契機として扱えないものかというか、程よく細やかに統御して「健やかに楽しみにする」技術があるとよいな、ということを思った(おすすめをうかがうのが好きなので、ここを維持してうまくやりたいぞ、って思った)。