読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物のように扱う、物として扱う

▼▼人を物のように扱う、と、人を物として扱う、という言い回しを見比べて、意味合いが少し違うなー、というようなことを思うとともに、後者が好きかな……、というか前者が好きじゃない……? ということを考えていた。
▼▼前者が好きじゃないのは、物であることも人というものが持つ一つの側面だ、と認識しているからだろう。人を物のように扱う、という言い回しには、人は物ではない、という空気が漂っているかと思う。▼▼対して、人を物として扱う、は、人の持つ「物体」としての側面を強調している場面である、と想像できる。人間が「物」であることも認めている、という手触りを感じる。
▼▼人を物のように扱う、という言い回しだと、自己都合で好き勝手に振り回す――相手の幸せや希望は軽視し無視する、という匂いも覚えてしまうのだよなー。あくまでも物ではない(はずの)人間をあえて物のように扱う、とわざわざ言ってしまっているような状況なのだから、そこに、自己都合や好き勝手という雰囲気が混じってきてしまうのは、当然と言えば当然なのかな……。