定量評価だとまず軸合わせから始める感じ(混乱中)

▼▼定量評価──数値による評価で比較しようとすると、比較する対象のレイヤーを合わせないと(同じ評価軸だ、と思えるように軸合わせしとかないと)数値同士を比較できるかどうかがまず怪しくて、だから準備として高さの調整が必要になり、もし調整ができたら同レイヤー上での面積で比較できるよー、ってイメージで、定性評価──言葉や文章で示される評価で比較しようとすると、言葉同士だと、軸合わせって違和感の払拭狙いではあんまり必要なくて、異様なほどズレてなければなんとかなる雰囲気で、だからレイヤーの高さを合わせなくても体積で比較できるぜ、みたいなイメージがある。あるかなあ。
▼▼いやでも数値比較って棒グラフ的な比較ってイメージも湧いてきた。破綻気味。
▼▼面積が二次元で体積が三次元、って認識の時、棒グラフって、一次元? 二次元?